Minitabコネクトソフトウェアのアップデート

最高レベルのパフォーマンスとクオリティを提供する、無料のソフトウェアアップデートをお届けします。

Minitab Connect 7の機能と拡張

Minitab Connect 7.5には、さまざまなダッシュボード機能が追加されています。拡張機能には、新しい管理チャート、スライサーの相互作用、重要なバグ修正、コネクターの更新、およびインターフェースの変更が含まれます。

機能の追加:IチャートとLaney Pチャート

ユーザーのメリット

Individualsチャートは、以前はI-MRチャートでのみ利用可能であった個人タイプのデータの可読性を高めます。Laney Pチャートにより、ユーザーは、過剰分散または過少分散を調整する属性チャートを作成できるようになります。


概要

Individualsチャート(Iチャート)を使用すると、サブグループにない個々の観察結果である連続データがある場合のプロセスの平均を監視できます。この管理チャートを使用して、プロセスの安定性を経時的に監視し、プロセスの不安定性を特定して修正することができます。

Laney Pチャートを使用すると、プロセスによって生成された不良品の割合を監視し、データの過分散または過少分散を調整できます。過剰分散によって、従来のPチャートに制御限界外の点数の増加分が表示される可能性があります。過少分散によって、従来のPチャートに表示される制御限界外の点数が過剰に少なくなる可能性があります。Laney Pチャートは、これらの条件に合わせて調整されます。詳細については、過剰分散および過少分散を参照してください。

Laney Pの欠陥のチャートおよび長さのIチャート

機能の追加:管理チャートのステージ

ユーザーのメリット

ステージを使用すると、ユーザーは特定の期間にわたる複数のプロセス変更を単一の管理チャートに表示できます。


概要

ステージを使用して、プロセスが特定の期間にわたってどのように変化するかを示す履歴管理チャートを作成できます。ステージを使用すると、プロセスの変更やプロセス動作の変化を単一の表示内で容易に伝達できます。デフォルトでは、管理チャートは各ステージの中心線と制御限界を再計算します。

Xbar-RチャートオプションのダイアログとXbar-Rチャートのバージョン別の幅

Minitab Connect 7.4.5は、いくつかのバグ修正と管理チャートのアラートに対する重要な更新を提供します。

機能の追加:管理チャートのアラートのリワーク

ユーザーのメリット

このリワークでは、ユーザーがMinitab Connectシステムで新しいデータを追加したり、既存のデータを変更したりするユースケースに対処します。ユーザーは、データの更新後に追加または変更したすべてのポイントについて、管理チャートでアラートを受け取れるようになります。


概要

以前は、ユーザーが新しいデータを変更または追加した際に、管理チャートの最終ポイントに基づいてのみアラートを受信していました。これは、すべてのデータに対するアラートを受信していないため、データのバッチをプッシュしている顧客にとっては深刻な問題であることが判明しました。このリワークにより、ユーザーは新規のデータポイントと変更されたデータポイントのアラートをすべて受信し、潜在的な問題に対する認識を高めることができます。

管理チャートの接続

Minitab Connect 7のフルアップデートに関する注意事項

リリース日:2024年1月17日

 

Minitab Connect 7.6.2のメンテナンス項目

  • AzureのBLOBストレージコネクタ

    • Shared Access Signature (SAS)認証を使用して、Azure API経由でConnectからAzure Storage Containersにデータをファイル形式でエクスポートできます。

 

Minitab Connect 7.6.2で解決された問題

以下の問題は、Minitab Connect 7.6.2で解決されています。

  • 「Empty Prep」で他のフィールドを参照できない(186747)
  • V2ダッシュボード - データビューが接続されない(186795)
  • 準備ツールでフィールド名を変更すると文字が消える(186736)
  • キーボードでフィールド名を削除し、Prepで新しい名前を付けようとするとエラーになる(233744)
  • データビューをダッシュボードに追加して保存すると、自動更新やダッシュボードを再度開いたときのデータビューのサイズ制限チェックが行われない(233280)

リリース日:2023年12月6日

 

Minitab Connect 7.6のメンテナンス項目

  • Vue3 - 2023年末のVue2のサポート終了に備えてConnectをVue3に変換しました。これには、関連するパッケージの更新、古いパッケージの削除、代替パッケージの検索、Minibarなどの社内ソリューションの作成が含まれます。

 

Minitab Connect 7.6で解決された問題

  • Is In filter/With this Valueが特定の入力で機能しない(223444)
  • アセットタイトルが正しく更新されない(217033)
  • データ ビューをインポートすると、ダッシュボード上の名前が変更される(219127)
  • ダッシュボードで使用されるデータ ビューを変更すると、ダイアログにフィールドが1つしか表示されない(229706)

リリース日: 2023年11月8日

Minitab Connect 7.5は、新しいチャートやスライサーの相互作用、重要なバグ修正、コネクターの更新、インターフェースの変更など、さまざまなダッシュボード機能の拡張を提供します。

 

Minitab Connect 7.5の新機能

  • スライサー機能の拡張 - ダッシュボードが各新規セッションのデフォルト値として使用するスライサーのプリセット値を追加できます。以前は、スライサーは新しいセッションごとに可能なデータ値の範囲全体に戻っていました。
  • 管理チャートステージ - ステージを追加することができます。ステージは、プロセスが特定の期間にわたってどのように変化するかを示します。
  • Iチャート - サブグループにない個々の観察結果の連続データがある場合に、プロセスの平均を監視できる新しい管理チャート。
  • Laney Pチャート - プロセスによって生成された不良品の割合を監視し、データの過分散または過少分散を調整する新しい管理チャート。
  • ホーム画面の更新 - ホーム画面から接続パネルを削除しました。
  • 故障フローの無効化 - Connectは、5回の連続故障でフローを無効にし、フローの所有者に警告します。

 

Minitab Connect 7.5のメンテナンス項目

  • I18Nマイルストーン1 - 識別子とファイル名の非Ascii文字のサポートを改善します。

 

Minitab Connect 7.5で解決された問題

  • 「Prep」でテーブルヘッダーを正しくリセットできません(184547)。
  • 「Prep」ビューで大きな数値が四捨五入されます(184576)。
  • 「Prep」で、「Prepare」の代わりに「Find and Replace Modal」が表示されることがあります(184931)。
  • 「From Table Dropdown」でテーブルを使用する場合、フィールドを削除できません(186506)。
  • デフォルトビューが、フィルタリングされたテーブルへのリンクを上書きします(186509)。
  • Base ViewのカスタムSQLフィールドとアクションデータプロセスでエラーが発生します(186549)。
  • ファイル名に中国語/韓国語の文字が含まれているファイルが、Sharepoint Connectorで解析されません(186545)。
  • ファイル名に中国語/韓国語の文字が含まれているファイルが、Sharepoint Connectorで解析されません(186545)。
  • ダッシュボードページの名前を変更する際に、削除キーを使用すると名前ではなくページが削除されます(186431)。
  • 既存のダッシュボードを開くことも、新しいダッシュボードを作成することもできません(186547)。
  • チャート上でアラートを作成する際に、名前が重複する参照線を両方とも選択できません(186554)。
  • 特殊文字を含むビューの保存中にエラーが発生します(165149)。
  • Notesパネルが開いているときは、「行の選択」メニューは所定の位置から外れて表示されます(165802)。
  • 複数のシステムフィールドを「検索して置換」する場合、SQLが正しく表示されません(166891)。
  • コレクションに未保存の項目を追加すると、正常に処理されずに失敗します(169710)。
  • 外部に保存>ビューをコピー:データビューが正しく表示されません(207179)。
  • ビューにMashup/SQLフィールドが含まれている場合、「テキストとして編集」を実行するとエラーが発生します(214008)。
  • ビューに非表示のフィールドが含まれている場合、レコードをコピーできません(214506)。
  • 「Prep」のドロップダウンメニューの上部に合計行が表示されます(215590)。
  • [メッセージ] が「Notes」のエラー通知に表示されます(218558)。
  • テーブルの外部保存:タイプは必須としてマークされているが適用されず、保存時にビュー表示がフリーズします(219574)。
  • 「条件付きフォーマット」でRegex条件を使用したフィルタリングが機能しません(220179)。
  • 特定の入力値を含む列を展開できません(221269)。
  • リンクフィールドにデフォルト値を追加する際にエラーが発生します(221328)。
  • フロー自体をトリガーする際にエラーが発生します(221760)。
  • 「基本」ツールから名前に特定の値を追加すると、エラーが発生します(221882)。
  • 長い名前のフィールドが並べ替えに使用される場合、Minitabにエクスポートできません(222354)。
  • ナビゲーションメニューから「ホーム」または「ウィンドウスイッチャー」を右クリックすると、エラーになります(223012)。
  • 小数点以下の桁数が大きい場合の四捨五入の問題(223468)。
  • コレクションに未保存の項目をいくつか追加すると、ナビゲーションメニューにエラーが発生します(223786)。
  • 長い名前のフィールドをコピーすると、元のフィールドが削除されます(224741)。
  • フォームに検証テキストが重なって表示されたり、不明瞭なフィールドが表示されたりすることがあります(225389)。
  • 通知設定モーダルでエラーが発生します(225588)。
  • 通知設定が保存されません(226740)。
  • データプロセス自体をトリガーする際にエラーが発生します(227157)。
  • 自動更新が有効になっていると、分析警告メッセージが消えます(200383)。
  • 参照線の文字により管理チャートが壊れることがあります(212605)。
  • Capa Asset:黒い枠線のトップラインセクションに余計なタブが1つあります(221247)。
  • LA警告リンクがアセットカードに残りません(221340)。
  • 参照線のラベルで一部の文字が正しく処理されません(221422)。
  • アセットをタビングするときに、グラフの周囲に意図せぬ線が表示されます(221622)。
  • NNCAPA:大規模なダッシュボードを開いて自動更新する時間が大幅に増加しました(222057)。
  • Monitor Userの更新の間でページ/スライサーが削除された場合、ダッシュボードが正常に反応しません(224127)。
  • 参照線のRGBAスケールのアルファ値が0に設定されており、編集できません(224236)。
  • ダッシュボードアセットは継続的にロードされ、管理チャートがエラー状態になるとエラーが発生します(225707)。
  • フォームデータソースのリンクがページを回転させてしまいます(227691)。
  • 大きな数値範囲を指定するとプレビューで正しくスライスされないことがあります(196616)。
  • カテゴリースライサーのカテゴリーリストに、"Missing"が2回表示されます(196620)。
  • フォーカスモードに入った場合、カスタム日付範囲の開始日と終了日は日付の上限値/下限値にリセットされません(197425)。
  • 数値範囲スライサーで最小=最大に設定すると、欠損値が除外されます(201474)。
  • 自動更新がオンになっているページを切り替えるると、フィルタリングされた出力が保持されないことがあります(203294)。
  • 変数に欠損値のみが含まれている場合、数値範囲スライサーは編集できません(208389)。
  • バックチケットを含むカテゴリレベルはテーブルアセットをフィルタリングしません(209788)。
  • 指数の前にプラス記号を追加すると、スライサーは0にリセットされます(210401)。
  • ページを切り替えてフォーカスモードを離れると、カスタム日付範囲の開始日と終了日はダイアログのデフォルト値に戻ります(211510)。
  • 数値範囲スライサーの最小/最大入力ボックスで矢印キーを使用すると、一貫した数値範囲の更新が行われなくなります(211715)。
  • データ型がテキストに切り替わった後に数値範囲スライサーを操作すると、テーブルにレコードが表示されなくなります(212457)。
  • データビューでデータを削除および置換した後、数値範囲スライサーが自動的に修正されません(212491)。
  • 特定の文字を含むテキストは、カテゴリスライサーのカテゴリとして使用できません(213290)。
  • カテゴリスライサーで使用されるシステム作成/更新フィールドは、フォーマットがTable-Prepビューでフォーマットされていないテキストの場合、テーブルをスライスしません(213326)。
  • 自動更新中にすべてのデータが除外されると、フォーカスモードから抜け出せなくなることがあります(216404)。
  • データビューが削除された場合、スライサーはダッシュボードの自動更新でデフォルトの状態に戻る必要があります(216574)。
  • Safariの使用中にプレビューおよび公開モードで自動更新すると、ビジュアライゼーションが二重レンダリングされます(221038)。
  • キーボードを使用して日付スライサーのドロップダウンを開くことができません(221277)。
  • 日付スライサーで保存されたダッシュボードは、日付列がテキストに変更されると、すべてのデータが除去されます(221463)。
  • カテゴリスライサーで使用される変数のデータ型を変更すると、ドロップダウンメニューのオプションの選択が解除されます(222271)。
  • 数値フィールドが使用され、Table-Prepでテキストとしてフォーマットされている場合、カテゴリスライサーはグラフ上のすべてのデータを除去します(223378)。
  • Monitor Userの更新後に、数値範囲スライサーがリセットされることがあります(223991)。
  • 日付が変わっても、数値スライサーが相対日付オプションでデータを更新しません(224124)。

リリース日:2023年10月12日

Minitab Connect 7.4.5は、重要なバグ修正やコネクターの更新とともに、管理チャートのアラートシステムへの更新を実行します。

 

Minitab Connect 7.4.5の新機能

  • 管理チャートバッチアラート - 新しいデータを追加または既存のデータを変更した後、影響を及ぼすすべてのポイントに関してアラートを受信できるようになりました。以前は、チャートの最終ポイントに基づくアラートのみを受信していました。    

 

Minitab Connect 7.4.5で解決された問題

  • Dun & Bradstreetコネクター - コネクターを更新して、接続の問題に対処します。

  • Dropboxコネクターの修正。(186561)

  • ファイルインポートの修正。(186583)

  • アーカイブされたレコードログの重複。(225985)

リリース日:2023年10月3日

Minitab Connect 7.4.4は、重要なバグ修正とコネクターの更新を実行します。

 

Minitab Connect 7.4.4で解決された問題

  • Gmailコネクター - Gmailコネクターに、電子メールの本文で見つかった対応済みファイルタイプ(csv、excel、txt、openxml、zip、7zip、bzip、gzip)へのリンクをインポートできるようにする追加オプションが追加されました。

  • ダッシュボードは制限付きトークンを使用すると共有できません。(225222)

リリース日:2023年9月20日

Minitab Connect 7.4.3は重要なバグ修正を実行します。

 

Minitab Connect 7.4.3で解決された問題

  • Google DV360コネクター - 更新時にさまざまなレポートからデータを取得できます。

  • SharePointコネクター - コネクターは、一度に複数のファイルを取り込めるように拡張されており、ユーザーが文字列を入力してファイル名にその文字列を含む任意のファイルを取り込むことによって動的にファイルを取り込むことができます。また、インポートされたファイルを、ファイル名にファイル処理日を付加してSharePointの「Historic(履歴)」 フォルダーに移動するオプションも追加されています。

  • ダッシュボードが20秒ごとにブラウザタブ全体を更新するインスタンス。(186536)

  • ダッシュボードが、モニターユーザーの更新でスタックしています。(224436)

  • 特定のAPIリクエストがエラーを返しました。(186490)

  • モニターユーザーがランダムにログアウトされます。(186494)

  • 一部のダッシュボードアセットは、モニターユーザーの更新時に空白状態に戻ります。(186496)

  • 特定のタスクを持つ一部のジョブは、繰り返し実行に失敗します。(223674)

リリース日:2023年8月23日

Minitab Connect 7.4.1は重要なバグ修正を実行します。

 

Minitab Connect 7.4.1で解決された問題

  • 線チャートがメトリック列にすべての小数点0.00でロードされていません。(TT186472)

  • 特定の文字でPre_aggフィルターを使用してMinitabにエクスポートする最中にエラーが発生しました。(221994)

リリース日:2023年8月22日

Minitab Connect 7.4.0は重要なバグ修正を実行します。

 

Minitab Connect 7.4.0の新機能

  • ダッシュボードアセットにおけるデータソースの表示 - 編集モードでは、アセットの作成に使用されるテーブルまたはデータ表示の名前がダッシュボードに表示されます。

  • 管理チャートアラートの更新 - Connectは、管理チャートの最終ポイントが制御不能または仕様範囲外の場合にのみアラートを送信します。以前、Connectは、いずれかのポイントが制御不能または仕様範囲外であった場合にアラートを送信しました。

  • フィルタークエリパラメータを許可 - クエリパラメータに基づく初期フィルターの使用をユーザーに許可

    • JSONの

    • ソースとフィルターで、またフィルターは配列である必要があります

    • フィールドがJSONにない場合、デフォルトはsys_idになります

    • 値がJSONにない場合、デフォルトでNULLになります

    • condがJSONにない場合、デフォルトは「eq」です

    • ソースは、フィルターを実行するテーブルと同じguidまたはidである必要があります。例として、次のようになります。
       
      https://[host]/table/[table id]?filter={"source":"[table id]","filters":[{"field":"Subgroup","cond":"cn","value":"Group A"},{"field":"Measurement","cond":"cn","value":"157"}]}

       

  • 非推奨の機能:HTMLフィールドタイプ - このフィールドは主にボタンの作成に使用され、6月19日(7.3.2)にリリースされたリンクフィールドタイプ、またはより正確なデータ表示を実現するリンクフィールドタイプとフィルタークエリパラメータの組み合わせに置き換えられます。

 

Minitab Connect 7.4.0で解決された問題

  • V2 API非推奨 – レガシーAPI、使用/サポート終了。削除。

  • 新しいジョブデーモン – 水平スケーラビリティをサポートするマネージド環境向けに最適化。

  • Google Ads v 14 - Google Ads API V14、SDK v19.2へのアップデート。

  • MSS Compute Service – パフォーマンスの最適化。

  • 廃止:電子メールコネクター – 未使用のコネクター、削除。

  • アーカイブ記録ログ - 履歴データを別のテーブルにオフロードし、最近のログの応答性を改善。

  • マルチカラムインデックス機能およびテーブルプロセスからのバグ。(186284)

  • Odataファイルがクリーンアップされていません。(186327)

  • ユーザーログアウトを監視します。(186467)

  • ダッシュボードスライサーはデータを指数として誤って解釈します。(185978)

  • ダッシュボードは古いテーブル表示をロードしません。(186434)

  • 特定の入力を含む名前の列が展開できません。(178363)

  • サポートされていないMSS文字でフィールドを並べ替え/フィルタリングする場合、MWXファイルとしてエクスポートできません。(211905)

  • Model Ops:予測子がスコアリングリクエストでマッピングされていない場合に発生するエラー。(212575)

  • Model Ops:obs IDを要求すると、メッセージ「不明なエラーが発生しました」の代わりに応答コードが送信されます。(212576)

  • Model Ops:カスタムSQLフィールドを予測子にマップできません。(212577)

  • データ更新後、データ表示がレンダリングされません。(213917)

  • 権限モーダルのアクセスフィールドが必須としてマークされていません。(215082)

  • ヒストグラムのツールチップと凡例が正しく表示されません。(215788)

  • 新しいコレクションが新しい[ワークスペース]としてウィンドウスイッチャーに表示されます。(215984)

  • レコード監査:ユーザーのタイムゾーンがサーバーTZと異なる場合、メモを追加すると日付がリセットされます。(216473)

  • 「Prep」ビューの最長限界を46に追加します。(216678)

  • 「ファイルインポーターの場所」のパスワードフィールドが必須としてマークされていません。(216711)

  • アカウント設定モーダルの電話フィールドは、必須としてマークされています。(216928)

  • Model Ops:エクスポートテーブルテンプレートは、「Model Ops安定性」の元の有効なAPIキーをエクスポートするべきではありません。(216938)

  • Google Adsレポートを作成し、すべてのメトリックを含めると、日付範囲を指定できません。(217847)

  • 「DB許可の更新」は管理下で実行する必要はありません。(218300)

  • 値を入力した後、「レコードログの開始日の入力」は更新されません。(220080)

  • Minitabへのエクスポートは、フィールド名にサポートされていないMSS文字がある場合、post_aggフィルターでは機能しません。(221276)

  • アセットカードは、日付スライサーが編集されるたびに、すべてのデータがフィルタリングされたメッセージを簡単に表示します。(196618)

  • 変数(複数可)が割り当てられたスライサーを削除する場合、警告はありません。(197429)

  • 自動更新が有効になっていると、分析警告メッセージが消えます。(200383)

  • 列の最後に欠損値があるナビゲーターを使用すると、「パーセントY値の時系列プロット」が正しく機能しません。(201714)

  • ダッシュボード:EWMAチャートの安定性が向上しました。(207051)

  • 自動更新が発生した場合、フィルタリングされた出力はフォーカスモードで保持されません。(209667)

  • CAPA/NNCAPA:「View All Stats」リンクを開くときは、「Close」ボタンに注意する必要があります。(212206)

  • Safari:カテゴリースライサーで「すべてのオプションを選択する」を使用する場合の RangeError。(212347)

  • 「Cpmの欠損値」は、「Target」が指定されていない場合でも、常に最初のCAPAグラフに表示されます。(212595)

  • 標準ユーザーは、制限付きトークンを作成してV2ダッシュボードを共有できます。(212844)

  • データ更新後に大きなダッシュボードを開く際にエラーが発生しました。(213814)

  • 「V2 ダッシュボード」のテーブルジョブの「カウントの取得」で、ユーザー名のキャッシュの問題が発生しました。(216324)

  • スライサーが使用する1つのデータ表示を削除しても、スライサーがデフォルト状態にリセットされません。(216958)

  • 非常に大きなダッシュボード(100万 行/10列/2ビュー)を自動更新すると、データ表示が削除されます。(218037)

  • 数値フィールドと日付/時刻フィールドのカテゴリースライサーに欠損が2回表示されます。(219040)