メニュー
< ケーススタディへ戻る

品質の色:Crayolaは理想的なクレヨンの提供にいかにデータを使用しているのでしょうか

さあ、新しい64色のクレヨン箱です。好きな色を選んで、好きなだけ色を塗ってください。遠慮はいりません!クレヨンを見てください。欠けておらず、クレヨンの先はそのままです。驚きではありません。Crayolaのクレヨンだからです。

Crayolaはペンシルベニア州東部の工場でクレヨンを100年以上製造しています。子供が創造性を発揮できるクレヨンやカラフルなアイテムを提供し続けて、誰もが認めるリーダーになりました。誰もが名前を知っていますが、年間22億本のクレヨンを最高水準にしようと影ながら努力している姿は、知られていません。

Crayolaは、クレヨン、そしてマーカー、絵の具、粘土、その他の製品の品質を高めるためにデータ駆動型継続的改善文化を大切にしており、Minitab Statistical Softwareを使用して、データを分析しています。製造バイスプレジデントGary Wapinskiさんはこう話します。「私達は何をやってもより良くできるんだと考えて始めます。Minitabが重要な理由はこれです。Minitabで統計分析がわかり、データで進むべき方向性がわかります。」

 

Crayolaがデータ駆動型問題解決の取り組みを始めたのは2007年。この年、グローバルオペレーションエグゼクティブバイスプレジデントPete Ruggieroさんは、自社の海外拠点を訪問し、問題を見つけました。「店に行って当社のクレヨンの箱を開けたら、一部のラベルが剥がれていたんです。帰国して、『是正しなければ』と言ったのですが、問題の原因について論争がありました。なので、解決するために基本的なSix Sigmaプロジェクトを行うことになりました。」

Crayons

データ分析で示されたのは、ラベルが乾燥していると、接着剤が均一に硬化しないということです。ラベル貼り機を通過するときにクレヨンに水を噴霧したところ、問題が解決し、プロジェクトが成功したため、Crayolaは統計的手法の使用を拡大しました。Six Sigmaプロジェクトの最初の波で、2008年、150万ドル以上を節約しました。以来、Six Sigma緑帯7波と黒帯3波がプロジェクトを完了していますが、どれもMinitabを使用してデータを分析しています。

実践的な取り組みは上から

Lean Six Sigmaのコンサルタント、リーハイ大学非常勤教授のRich Titusさんは、Crayolaの緑帯と黒帯を教え、プロジェクトの支援を行なっています。継続的改善プログラムの成功と維持に必要な支援を行なうことから、Crayolaの幹部に頼りにされています。「役員はプロジェクトの選定と承認に積極的に関与していて、プロジェクトリーダーと会合を持ち、数週間ごとに進捗状況を確認しています。この確認会合は最大3時間続くこともありますが、役員は電子メールに返信したり、席を外して電話に出たりすることはありません。すべてのプロジェクトに関与し、質問をします。」

幹部の真剣さを知ることで、チームはデータ駆動型方法論の重要性をしっかり理解しようと努めます。Crayolaの継続的改善・Six SigmaSix SigmaマネージャーJames Collinsさんは言います。「プロジェクトのリーダーは、自分達の提案をデータで示す必要があります。改善のアイデアがあるのは素晴らしいことですが、チャートやグラフ、統計で証明できれば、変化の基盤固めができます。」

幹部は、改善プロジェクトを確認するだけでなく、自分のプロジェクトも行います。Wapinskiさんの最新のプロジェクトでは、25万ドルを節約できました。プロジェクトを始めたとき、芸術品や工芸品のコンポーネントをキットに組み立てる作業で、ベテラン作業員に、経験の浅い作業員の小さなチームを監督してもらいました。「Minitabで、ベテラン作業員が率いるラインと経験の浅い作業員が率いるラインを比較しました。安全性、効率、品質に違いはありませんでした。キットの組み立て工程は小さいので、チームを率いることに対してベテラン従業員に給与を支払っても大きなプラスにはなりません。そのため、ベテラン作業員を、経験を活かせる領域に移すことができました。」

Crayolaの厳密なデータ駆動型改善プロジェクトは、クレヨンの品質を維持および強化するのに役立ち、Crayolaは、Minitab Statistical Softwareでのデータ分析を信頼しています。

Crayolaの多くのプロジェクトが、完璧なクレヨンを作るという目標に寄与しています。エンジニアは、Minitabの測定システム分析(MSA)および実験計画(DOE)ツールを使用して、クレヨンの破壊強度を調べました。これは、最終的に新しい基準、さらには新しいクレヨン破壊試験機の開発につながる取り組みです。

グローバル品質・継続的改善バイスプレジデントBonnie Hallさんはこう話します。「当社は100年以上クレヨンを製造してきましたが、信頼性の高い一貫した強度測定を行っていませんでした。成分の変更を試験するたびに、差別化できたかを調べるために何万本ものクレヨンを壊す必要がありました。今は、クレヨン強度を評価するのがはるかに速く簡単になりました。」

根本原因と実用的な解決策

Wapinskiさんは、Crayolaに入社する前に、データ分析の悪い例をたくさん見てきました。「データで進むべき方向を見いだすのではなく、自分の命題を裏付けるデータを見つけることにばかり時間をかけていました。

多くの人は、問題の根本原因にたどり着くまでの面倒な作業をしたがりません。機器が3分ごとにシャットダウンしていたら、問題を解決するために新しい機器を購入できるとしか考えません。ですが、根本原因が工程、材料、人材の教育に関係しているならば、新しい機器を購入しても是正されません。偽物ではなく、本物の改善を行いたいので、規律ある問題解決とMinitabのような強力なツールを組み合わせる方に、当然向かいます。」

Minitabを使用すると、従来の考え方が覆されることがあります。たとえば、ライン速度を下げ、人員を10人から5人に減らすことで、工程改善ができたときなどです。「このような変更をしたら、生産量が減ると考える人もいますが、Minitabの能力調査では、半分の労力、低速で、同じ生産量を得られることが示されました。機械の速度を上げたら、ダウンタイムと廃棄が増えました。さらに、ラインの人員は、高速の機械に追いつこうと頑張らなくて済むので、喜んでいました。」とWapinskiさん。

Crayolaのエンジニアは、Minitabでデータを分析して、金型内の色と位置がクレヨンの先端の強度にどのように影響するかを視覚化することができました。

品質向上プロジェクトの影響で、作業内容は変わったかもしれませんが、職を失った人はいません。「始めたばかりのときは、従業員は私たちが何をしているのか、失業するのかと疑問を持っていました。今は、競争力を高め、職を維持するために継続的改善に取り組んでいることを皆に理解してもらっています。」とRuggieroさん。

持続的な改善

Crayolaは、改善を持続可能にしたいと考え、プロジェクトで節約できた分を予算に組み込んでいます。「PowerPointを作成するだけでは、節約した金額を提示できません。節約に基づいて、工程の標準コストを再計算し、次に節約した金額を提示します。」とRuggieroさん。

データの使用は、Crayolaのサプライヤーにも影響を及ぼします。たとえば、サプライヤーと提携して、段ボール箱の欠陥の数量を減らしました。「しっかりとできた箱が必要です。ゆがみがあったりすると、自動梱包機を通りません。」とHallさん。

このプロジェクトでは、年間5万6,000ドル相当の欠陥がなくなり、欠陥が再発し始めたときに、データを細かく見ることの別のメリットが明らかになりました。「定期的に分析を行なったことで、品質が低下し始めたことがすぐにわかったので、サプライヤーと協力して問題をより迅速に解決しました。」

Crayolaの品質チームは、Minitab Statistical SoftwareのAssistantメニューを頻繁に使用しています。ユーザーの分析をガイドし、明確でわかりやすい結果とグラフを提供するものです。

データ認識文化

Crayolaの品質の取り組みに関わる人は、時間をかけて行なうものだと知っています。「スイッチを入れたら、突如素晴らしい会社になるというものではありません。」とWapinskiさん。ですが、Minitabを使用したデータ分析はすでに日常業務の一部になっています。Pareto図、箱ひげ図、仮説検定、管理図、能力分析は一般的な光景です。

「Minitabは、データを管理および調査するための毎日使われるツールです。また、Minitabを使用しているため、ビジネスの問題についてのコミュニケーションがはるかに簡単になっています。データを十分に理解していることが期待されています。これにより、問題の根本をより迅速に突き止めることができます。」とHallさん。

データを分析して処理できるようになったことで、Crayolaのビジネスの方法は様変わりし、そのメリットは業務全体に渡ります。「これにより、最も価値あることに資源を集中させることができます。当社は文化を『臭いものに蓋』から『解決できるように蓋を開けて見える化する』に変えました。」とRuggieroさん。

CrayolaはMinitabを使用してデータを分析することで、クレヨンの強度を評価し、新色や新作が厳格な品質要件を満たせるよう、新しい基準を開発できました。

組織

Crayola

概要

  • 本社ペンシルベニア州イーストン
  • 世界の従業員数およそ2,000名
  • 年間22億本のクレヨン製造

課題

世界最高のクレヨン、マーカー、その他の画材を提供することで、子供達に創造性を発揮できるようにする。

使用された製品

Minitab® Statistical Software

結果

  • 新しい指標とクレヨン試験方法
  • 初期のプロジェクトだけでも150万ドル以上節約
  • データ駆動型の問題解決が日常に
 

Minitabのケーススタディーにアクセスする

ケーススタディーを表示するにあたって追加情報をご提供ください。

clear