メニュー
< ケーススタディへ戻る

希な高品質の視点を共有:BurleyはMinitab®を使用して施設全体の検査を改善

Burleyは、安全性、耐久性、設計の標準となった自転車トレーラーで世界的に認められています。製品には、多機能のしょいこやジョギング用ベビーカーもあり、安定性、構造的完全性、その他の安全基準の点で、ブランドの名に恥じないものです。米国材料試験協会(ASTM)の自転車トレーラー用安全基準の作成も支援しています。オレゴン州ユージーンにあるBurley本社の品質管理者であるMary Craigheadさんはこう話します。「Burley品質管理の使命は、冒険を可能にすることです。保護者、家族全体で次世代の乗り手を育てることを助けます。その大部分が、品質と安全性への取り組みです。」Craigheadさんは、社内のエンジニアや外部のメーカーと協力して、Burley社製品すべてが品質と安全の基準以上であることとを確認します。これには、製品ライフサイクル全体で大量のデータを収集して分析する必要があり、Craigheadさんは、Minitab Statistical Softwareを使用して迅速かつ簡単に作業を実行します。

課題

Burley-Encore on Bike 耐久性、安定性、構造的完全性、その他の基準の点で、Burleyの製品はその名に恥じないものです。Minitabを使用して工程データを分析し、製品が品質と安全の基準以上であることを確認します。

Craigheadさんは、ここ12か月、Burleyのより積極的な品質管理システムへの移行を率いています。「工程のリアルタイムの可視性を改善することには多くのメリットがあることに気づきました。製造後と出荷前に厳密な検査を行ってきましたが、継続的改善の取り組みの効果を上げるために、工程の洞察をもっと深く得ることが必要でした。そのために、Minitabで基線の性能を確立し、材料の取り扱いとサブ組立工程を監視しています。測定可能であれば工程管理ははるかに簡単になります。Minitabで、主要な品質指標を素早く設定できました。」

Craigheadさんは、大学院でMinitabに出会い、ソフトウェアの柔軟性と使いやすさを実感しました。「実験計画、測定システム分析、信頼性調査など、それぞれの受講コースで、専門のコンポーネントや機能がMinitabにはありました。Minitabの使いやすさと出力のアクセスのしやすさは、他のプログラムと比べて、かなり貴重です。他のプログラムだと、多くのツールを使うには、それなりの熟練が必要です。Minitabは、統計を誰にとってもわかりやすく、とっつきやすいものにしようと、丁寧なヘルプとサポートを提供しています。」

Craigheadさんは、Minitabで全社的な品質指標の基線を確立し、特殊な品質プロジェクトも行っています。「当社のトレーラーのほとんどに、アルミフレームとテキスタイルカバーを使っており、内部コンポーネントもほとんどがテキスタイルベースです。私はPareto図をたくさん作成しました。製造と管理が難しく、効率を発揮できていない、さまざまな領域に焦点を当てるためです。最近、縫製の性能を改善するために、工場と協力してSix Sigmaプロジェクトを主導しました。Minitabは、能力分析や管理図にぴったりでした。」

Six Sigmaプロジェクトを進めながら、ある課題に気づきました。これには、Minitabが役立ちます。「過去のデータを確認していたら、本社の検査員が欠陥と判断するものと、工場の検査員が欠陥と判断するものに差があることに気づきました。本社の検査員が欠陥だと考えても、工場の検査員が欠陥だと考えていない、または工場が欠陥だと考えても、本社はささいなもことだと考えているものがありました。

たとえば、工場の検査員は長い糸を見つけると、カバーを欠陥と考えます。「私達は縫い目の端の糸を長さ1センチ未満にしたかったので、それより長いと工場の検査員はすぐに欠陥と判断していました。軽微な欠陥として記録すべきです。でも、問題がそこ1か所だけであれば、切ればいいだけなので、カバーを丸ごと廃棄する必要はありません。」

Craigheadさんは、Burleyのどの検査員も欠陥を同じように判断して対応すべきであると考えました。

Minitabによる支援方法

潜在的な欠陥の判断のしかたが検査員の間でばらつくと、検査結果が主観的になって偏るため、ばらつきをなくすことが、品質と継続的改善の主要な目標です。検査員自身の判断にも一貫性がない可能性があり、今日は合格、明日は不合格になっているかもしれません。

「検査記録の間に不一致が存在するのには、何らかの理由があるのではと考えました。ですが、是正処置を講じる前に、検査員の判断が同じにならないところと、そこでどれぐらいの差があるのかを理解する必要がありました。」

Craigheadさんは、Minitabを使用して、測定システム分析の一種である属性一致分析に取り組みました。ゲージR&R調査は長さ、幅、重さなどの継続的測定の精度を評価するものですが、属性一致分析は対照的で、検査員による定性的分類を用いた製品評価がどれほど一貫しているかを評価するものです。たとえば、合格または不合格にわける場合があれば、1~5の段階にわける場合もあります。

Craigheadさんは、分析用に標本トレーラーカバー10枚を用意しました。うち6枚は自社基準を満たさない不良品に作り替え、4枚は満たす良品に作りました。次に、標本、検査員、反復の数をMinitabに入力して、各参加者の調査を作成しました。参加者は、本社から4人(経験豊富な検査員2人と新人2人)、中国の工場から4人(経験豊富な検査員2人と新人2人)です。各標本カバーを2回評価しました。属性一致の調査が正しく実行されるように、Minitabではデータの記録と分析が簡単なワークシートが自動生成されます。

Burley-Attribute-Agreement-Dialog Minitabで属性一致分析を設定するには、必要な評価するアイテムの数、検査員の数、反復の数を入力するだけです。
Burley - Attribute Data Minitabでは、適切な分析になるよう、データを整理および配置するデータ収集ワークシートが自動生成されます。

結果

属性一致分析では、検査員が定性的要因を一貫して判断することが示される場合があります。あるメンバーが他のメンバーとはまったく違う判断をしていることや、検査員自身が違う判断をしていることが示される場合もあります。

Craigheadさんは、データを収集して分析し、Burleyの本社の検査員と工場の検査員が同じ品を同じ方法で評価していないことを確認しました。「検査員がどれだけ基準に一致しているか、互いに一致しているかの全体的な精度は60%未満以下でした。一方で、本社と工場の両方の経験豊富な検査員の間のパリティははるかに高いものでした。分析で、私達が考えたように、必要なのは検査員間のパリティではなかったことも示されました。」

Burley - Attribute Agreement Analysis Simulated Output Assistantの属性一致分析に関する要約レポートを見ると、検査員が互いに、および確立された基準とどの程度一致しているかがわかります。

分析の結果により、Craigheadの考えを確認するだけでなく、教育、より明確な基準の開発、その他の処置を通じてチームが改善できる領域が特定されました。「評価に大きなばらつきがある箇所を特定し、そのタイプの欠陥を注意深く調べ、経験に関係なく、誰もが同じ欠陥を一貫して扱っていることを確認する方法を定めることができました。」

属性一致分析では、個々の検査員の問題よりも、評価システム全体の弱点が明らかになることがよくあります。Craigheadさんの場合でもそうでした。「新しい検査員は、不合格を合格と判断する可能性が高いことがわかりました。これは、何を見るかを明確に伝えていなかったためであり、特定の欠陥や問題が見落とされがちでした。

一部の重大な欠陥が、検査シートの項目では不明瞭でした。検査員は、観測値が深刻、重度、軽度かを確認できました。でも私達は、各欠陥タイプがユニット全体の欠陥をどれほど構成するかが詳しくわかりませんでした。」

Burleyは、Craigheadさんとそのチームが属性一致分析で示したことに基づいて、品質検査の基準と書式を改訂し、合格品質水準(AQL)に基づいて色分けされたリスクとアクションのマトリックスを追加しました。これにより、特定のしきい値に達したときに検査員には特定のアクションを実行するための明確な指示が出されます。また、業務全体で検査員向けの標準化された教育を用意し、欠陥を特定するだけでなく、その重大度を分類する新しい視覚的な欠陥ガイドを用いて、誰もが期待値、書式の使用方法、特定の欠陥の評価方法を理解できるようにします。Craigheadさんは、改善の効果を測定するために、次の四半期に別の分析を実施する予定です。

より一貫性のある評価は、Burleyの収益、さらには、工程性能を測定および監視することで、優れた品質と耐久性に対するBurleyの評判の維持に貢献します。「チームが安全性と機能性への最も重要な寄与に焦点を合わせ続けることで、冒険を可能にするというBurleyの使命に合う、耐久性のある製品を提供できるようになります。」

組織

Burley

概要

  • 本社オレゴン州ユージーン
  • 自転車トレーラー、ジョガー、類似機器のパイオニアメーカー
  • 優れた製品提供についての35年の評判
  • 自転車トレーラーのASTM規格の作成を支援

課題

米国と中国の施設の検査員が欠陥を適切かつ一貫して認識し、対応するようにする。

使用された製品

Minitab® Statistical Software

結果

  • 一貫性のない合格/不合格の要因を特定
  • 新しい検査員にはより明確なガイダンスが必要だと理解
  • 不合格基準の既存の評価書式に弱点があることが判明
  • スクラップ率と不要な手直しの低減
clear