The Paired T-Test Using Minitab

Addresses the paired t-test procedure, to be used when some dependency exists between two populations. This is illustrated by an experiment involving measurements of tire wear using two distinct methods (hence each tire in the study meets both measurement methods.) Assumptions, results, and the conclusions from this actual study are illustrated using Minitab output. Keith M. Bower, Scientific Computing & Instrumentation, February 2001

Read More

  • Minitab News

    無料の月刊eニュースレターで、最新のMinitab News、講義、ケーススタディ、統計のコツ、その他役に立つ情報をお読みください。

    購読申し込み
  • Minitabの手順に従う

    LinkedInのMinitabに参加する TwitterのMinitabに参加する FacebookのMinitabに参加する
  • 記事をもっと見る

本サイトを使用すると、分析およびコンテンツのカスタマイズのためにクッキーが使用されることに同意したことになります。 当社のプライバシーポリシーをご確認ください

OK